自分で作った曲や歌、音楽を広めて多くの人に聴いてもらう方法。

こんにちは常葉です(*’ω’*)

色々な音楽の活動をしたり、そういう友人がいたり、それでお金を頂いたり、まだまだ他にも楽しく活動出来る方法を常に探している自分が記事を書いております。

音楽を始めてしばらく経つと「誰かに聴いてほしいな」と思う日が来ると思います。

最初のうちは、家族や友人で満足できるかもしれませんが、そのう「もっと多くの人に聴いてもらいたい」と思うかもしれません。

一昔前であれば「オーディション」に出たり「デモテープを事務所に送る」なんて事が一般的でしたが、現在は全くそういう時代ではないです。

大きな事務所に入るのも相変わらず強い魅力のある話ですが、今は自分一人でも結構規模の大きな活動も出来る時代です。

今現在はミュージシャンはどんな活動で音楽を広めているのかを書いていきます。

ライブハウスへの出演

昨今厳しい状況のライブハウスですが、それでもやはりライブハウスへの出演は多くの人が通るものだと思います。

まだライブハウスというものに行った事がない、お客さんとしても見に行ったことがないという方は合わせてこちらの記事も読んでみて下さい

路上ライブを主戦場とする方も多いですが、ライブハウスに出る事で同じミュージシャンとの繋がりが出来るというのは結構欠かせないポイントの一つだと思います。

お金を払って見に来てもらうという事への難しさや厳しさなんかを知るのは非常に辛い時もありますが、やはり音響設備の整ったところでやる演奏は気持ちのよいものです。

ライブ最初の頃は

誰でも必ず新人の時はあるものですが、ライブもそうですね。

主も練習にしてもガチガチに固くなってやっていた時期もあります笑

ネコ助

何でも初めてやることは緊張するし、解らない事も多いよね

これからライブに出演していこうと考えの方はこちらの記事も合わせて読むと解りやすいです♪

どんな形でも誰かの目に触れて見つけてもらう、ミュージシャンじゃなくても必要になってくることですが、音楽は特に必要になってくることだと思います。

その一つの方法としてライブハウスへの出演という方法があるんですね。

グーペ

ライブハウスに出演するということ

音楽というのはとにかくお金がかかるものです(;^ω^)

良い楽器を買ったり、CDを作ってみたり。

自宅で作業するにも結構な物が必要になってきますが、そうした出費も踏まえた上で活動していくことになります。

なぜそのような話をするかといえば、ライブハウスにてライブをするにはお金がかかります。

ノルマと呼ばれるもので、要は「お客さんを呼んでくださいね、呼べなかったらその分負担してくださいね」というものです。

はじめから人気があって数百人、数千人を呼べる人なんて例外を除いていません。

極稀に、ノルマに苦しむことなく活動している方もいますがそれこそ極例外だと思います。

そうした背景もあり、お客さんだけではなくミュージシャンも新しい場所に活動を広げていくというのも珍しい事ではないんですね

その中で、現状に留まることなく様々な方法を取り入れているライブハウスやミュージシャンたちも増えてきています。

「少しでも利益を得れる場所で」歌うミュージシャンや「ノルマのないライブを作る」など

本気で取り組み始めている方も増えてきています

また「プロになりたいわけじゃなけどライブを楽しみたい」といった方や「気軽にライブをしてもらいたい」といった考えもやはりあり

ライブハウスでの音楽の活動もさらに多様に進化していっています。

「自分はどうしていきたいのか」を強く持って選んでいくことがより重要になってくるかもしれません

ネットでの活動

現在では、TwitterやYouTubeなどをはじめ、多くのサイトやアプリでも音楽の活動を行うことが出来ます。

ネットという環境では、一気に多くの人に見てもらえる状況も作りやすいですし、元手もかかりません。

家でも出来るから空いた時間で出来るね♪

Twitterなどでも動画をアップすることで有名になる方も出てきます。

今人気の「あいみょん」もデビューのきっかけはTwitterで挙げた動画からスカウトされたと話していたこともあります。

ネットというのはそれだけ便利な物ですが、当然危険もあり、そこにはルールもあります。

ネットで活動する際に気を付ける事

「歌ってみた」などにも注意すべき点なんかがあるんですね、特に著作権の問題はとても身近になってくるので、注意が必要になってきます

具体的にはこちらの記事を。

ネットはそれこそ瞬時に世界に発信されます。

知らなかったでは済まされないような法律の話も出てくるので注意が必要です。

とはいえ、何事にも良い所悪い所はあります。危ないならば前もって知識をつけておけばいくらでも回避出来るので、やりたかったらやるべきかなと思います。

Twitterなどで「歌ってみた」などの動画を上げる際はこちらの記事を参考にしてください↓

ネットで音楽を発信するということは、知名度を上げるだけではなく、収益にも繋がってきます。

YouTubeにおいての広告料のようなものが代表的ですが、そこには結構高いハードルがあったりもします。

高かろうとなんだろうと、やらなければ越えられるものも越えられないのでやったもん勝ちだと思います笑

現在ではYouTubeにおいて、音楽だけではなく多くの有名人が出てきています。

もちろんすんなり結果がついてくる訳ではありません、色々試してみても閲覧数が伸びないなんてしょっちゅうです、が、動画投稿それ自体は思っているよりも誰でも簡単に出来るので、気持ち一つですね。

YouTubeに「歌ってみた」などの動画を上げる際はこちらの記事を参考にしてみて下さい

学校に行く

番外編的な位置づけですが、学校へ行くというのも実は自分の音楽を広めるきっかけになります。

例えば音楽の専門学校に行ったとしたら、自分の音楽を発表する機会はおろか、課題として発表しなくてはならない義務まで出てきます笑

聴いてもらう、広めるといっても、結局それは「出会い」の形なのでこういうほうほうもありますね

実際に音楽の専門学校に行こうとされている方はこちらの記事が役に立つかと思います

学校というのは何も専門学校だけの話ではなく、高校や大学でも同じことが言えますね、要は人との出会い、自分を知ってもらうことで広まっていくと考えれば居酒屋でもいいわけです笑

それは極端だとしても、学校は職場と違ってプライベートでの付き合いも多かったりするので、結構音楽的にも大事な時間だったりすると考えてます。

これから大学に行こうとお考えの方はこちらの記事が参考になるかと思います


まとめ

音楽に限らず、自分で作った物を広めたいと思った時に今の時代は方法はいくらでもあると思います。

発信がしやすくなった為に、逆にクオリティにこだわりすぎて前に進めないといった事もありますが、本当にツールは揃っていると思うので、あとは一歩だけということがほとんどだと思います(^^♪

ただネットなどは便利な反面危うさもあるのでそこに対する知識はあるにこしたことはないかなと思っています。

このサイトがそういった方のなんらかの役に立てばなと思っています(^^♪

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました