演者に、リスナーに、音楽人に出会える場所5選!

こんにちは常葉です(*’ω’*)

音楽をやっていると、誰かと音を合わせてみたくなったり、はたまたバンドを組みたくなったりするものです。

でもじゃあどこに行けばそういう人たちと出会えるのだろう?

そう思った事はないでしょうか?

ネコ助

僕は、ここに来てくれればいつでも会えるよ

人脈というのは結構大切なものです、主も昔どうすればそういう人たちに自分の音楽を聴いてもらえるかを考えていたことがあります。バンドもやりたかったですし。

結果色々な場所に顔を出した記憶があります、そんな主がこの記事を書いていきます。

ミュージシャンと付き合いたい、という方もいるんでしょうか?

主は音楽をやってても全くモテないのでそういう方がいるというのが解りません(´;ω;`)ウゥゥ

なんにせよ、目的はどうあれ、今回は音楽やっている人はよくこういう場所にいますという話を書いていきます。

学校に行く

もしこれを見ている方が学生の方なら、学校ほど出会いがある場所もそうありません。

現在進行形で活動をしている人というのはまだそう多くないかもしれませんが、既に活動を始めようとしている方もいるのではないでしょうか?

この学校って、高校でも大学でも専門でもなんでもいいと思います。

音楽の専門学校に行けば必然それらしい方には山ほど出会います。

合わせて読んで欲しい記事です↓

これから開花するかもしれない才能と出会うという意味では学校ほど良い場所もないでしょう。

注意点

学校ですから、そこに行くには入学するのが一番解りやすい方法です。

あとは、例えば学園祭や、音楽の専門学校ならライブなどの催しなどもやっていると思うので、そこは一般的にも開かれてやっている可能性があります。

しかし、学校側がそうした門戸を開いてない時に学校には近づくのは、不審者になりかねないので避けてください笑

プレイヤーとしての出会いが欲しいならば専門学校に行ってこれからのバンドメンバーや相方を探したいののであれば専門学校はかなり有力かなと思います。

が、専門学校に入学するのも授業料などがかかるうえ、決して安くないので、生半可な気持ちではなかなか行けないと思います。

場所にもよりますが2年間通うとしたら200万くらいは必要です。

ライブハウスに行く

もうこれが定番だと思います。

お客さんとして見に行ってもいいし、出演者側で演奏してもいいですね。

お客さんとして見に行った場合は、音楽が好きなリスナーと出会う可能性が高まります。

もちろん、出演者と関わる時間も十分にあるので、自己紹介なんかをする機会もあります。

ライブ後にお話し出来ると嬉しいよ♪

合わせて読みたい記事↓

出演者側で行けば、出演者やお客さんはもちろんですが、PAの人だったりスタッフの方と知り合いになる可能性が高いです。

オープンマイクの勧め

現在では、お金を払う事で誰でもステージで演奏できる「オープンマイク」というスタイルでステージを開放するライブハウスもあります。

このオープンマイクですが「今日初めて人前で演奏します」とい方から「プロかな?」という方まで幅広く、年齢層も幅広くいらっしゃいます。

音楽好きな人っていっぱいいるんだよ

通常のブッキングライブではノルマの問題が出てくるので、人前で歌う多くの機会をこのオープンマイクに選んでいるミュージシャンの方もいます。

気軽で、色んな方と出会える企画であり、共通点は皆音楽が好きという位なので、話も結構合ってスムーズです。

ただ聴きに行くだけでもOKな所が多かったです(主の知る限りでは今のところ100%)

合わせて読みたい↓

音楽イベントをやっているレストランやBarに行く

昔で言えば「流し」のようなスタンスで音楽のイベントをやっているところもあります。

横浜の野毛辺りでは、形は変わってもある特定の日だけ弾き語りのイベントを開いたりしている所も多いです。

ステージもないような所なので物理的な距離も近いです。

川崎にある「teens・spirits」というBarでは、定期的にオープンマイクなどもやっているので、お客さんとしても演奏者としても気軽に行けます。→teens・spirits

何もない時でも、そういう場所はミュージシャンがお酒を飲みに行っている可能性が非常に高いと言えますね。

【ペコリッチ】

マナーは大事

そういう場所には気軽に行けるのですが、色んな方が演奏を楽しむ場所なので、誰かが演奏している時は聴くといった事が最低限のマナーになります。

当たり前じゃないか?と思うかもしれませんが、お酒が入っていると演奏者含めそのマナーを違反する人も少なくないんですよね(;^ω^)

盛り上がるのはいいことです、とてもいいことです♪

要は誰かが演奏している途中で自分の宣伝をしに席を回ったりフライヤーを配ったりというのは、自分の番か、一通り終わってからが望ましいです。

SNSを活用する

現在では、ネットを通じて音楽を配信したりというのも活動の主流になっています。

その活動の一環としてTwitterなどで交流の機会を作っているミュージシャンの方も数多くいらっしゃいます。

フォローするだけ自由なので気になる方がいたらフォローしてあげましょう、きっと喜んでくれますよ(^^)

自分でも気軽に動画とかを上げられるので、そうするとより出会いも増えます。

合わせて読みたい↓

注意点

気軽に出来るネットでの交流や配信ですが、昔と変わらず、ネットを悪用した商法や勧誘などもあるので気を付けましょう。

また、相手が好きなミュージシャンでも、個人情報の取り扱いには十分気を付けましょう、なりすましもたまに見受けられます。

路上ライブを見に行く

毎週決まった曜日と時間でライブを行っている方もいますが、不定期で路上ライブを行っている方もいます。

SNSと併用すればより詳しく目当てのアーティストの路上を行う日程を知ることも出来ます。

仮に目当てのアーティストがいなくても、路上で有名な土地柄ならば多くのアーティストが今も路上ライブなどを行っています。

主も一時期やっていましたが、路上ライブを行っている人は結構孤独です。

何人も目の前を行きかうのに誰も立ち止まってくれないなんてしょっちゅうですから(;^ω^)

声かけてくれた人は忘れないし、嬉しいよね

優しく声をかけてあげると、きっと喜んでくれますよ♪

まとめ

バンドやユニットを組むのも出会いが大事です。意外にバンドを継続していくって難しいんですよね(;^ω^)

年齢を重ねればそれぞれの生活も出てくるし。

それでも、音楽が好きで色んな才能と自分の色を合わせてみたい方も多いと思います。

継続的な活動じゃなくても、瞬間的なセッションでも十分得るものは多いですし(^^)

ミュージシャンと会ってみたい、未だに主もそう思う事が多々あり、そう思っている方のお手伝いが出来ればと思いこの記事を書いてみました。

良い出会いがある事を願います・・・・僕にも笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました