歌ってみたと著作権・YouTube編

こんにちは。

前回の記事では「歌ってみた」と著作権についての話をしました→ 歌ってみたと著作権

今度は細かく媒体毎に見ていこうと思います。

家によってカレーの味が違うように、SNSによってルールも変わってきます。


画像提供元→https://www.pakutaso.com/

YouTubeの著作権

YouTubeに関しては、もはや見たことないという人の方が少ないのではないでしょうか?

前回の最後でも話しましたが、YouTubeはJASRACと包括契約を交わしていますので「歌ってみた」の動画をアップすることが出来ます。

但し、JASRAC等の管理団体は、あくまで日本国内の団体なので、邦楽は問題なくても、洋楽等に関しては話が違ってきます。

他国の音楽

国外のアーティストの場合、著作権を管理する団体も違うと思っていた方がいいです。

なので、洋楽の「歌ってみた」は基本的にはやらない方がいいです。

動画の削除等のペナルティを受ける場合があります。

参考→http://www.jasrac.or.jp/release/07/07_4.html

弾き語り等の歌ってみた

歌ってみたをやる方でも、弾き語りでやる方や、自らオケを製作してやられる方もいます。

ここで注意しなくてはならないのが、市販されているCD等の音源を使って動画を作る場合等です。

曲自体は良くても既にある演奏の音源を使う事は著作権を侵害する場合もあります。
 
参考→https://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/movie.html

オケを打ち込みなどで自分で制作したもので歌えば問題はないということになります。

BSS脱毛【エルセーヌ】


他のSNSへの投稿

著作権の包括契約がされていないSNS、例えばTwitter等において歌ってみたでカバー曲をアップするのは認められていません。

ですが、包括契約を交わしているYouTubeのリンクをTwitterに張るのは問題ないということになります。

Twitterでの歌ってみたの話はまた別の記事で書いていきますが、現在Twitterでも相当数の歌ってみた動画がアップされており、その多くは、YouTube等の包括契約を交わしている媒体を通しての物、ではなく、直でTwitter上にアップされたものがほとんどです。

細かく取り締まられていないだけで、本来は違法なものなので潮目が変われば取り締まりの対象になる可能性はあります。

違反した場合

YouTubeには当然YouTubeが定めたルールが存在します。著作権違反などもそれにあたります。

その裁定はYouTubeが下すので、大丈夫だと思っていてももらい事故のようにペナルティを受ける場合があります。

ペナルティは動画削除からアカウント停止など様々ですが、著作権侵害を申告され場合は動画削除になる場合が多いようです

詳しくはこちら→http:// https://masato1117.com/archives/228

トラブルにならない為に

トラブルにならない為には、完全にオリジナルなものを制作するのが確実ではあります。

しかし、歌ってみたをはじめ、著名な作品を広めたい、力を借りたいという方は多いはずです。

ならば、面倒ですが利用規約などをしっかり確認して、解らなければ問い合わせてみるということが大事になってきます。

また、そうしたトラブルにならないように著作権管理団体と個人的に契約を交わすことも出来ます→https://www.jasrac.or.jp/smt/info/

まとめ

僕自身歌ってみたをやったりしますし、そういう動画を見たりするのは好きです。

一時期、ドラマで使われた星野源さんの楽曲「恋」のダンスの踊ってみたが結構な数YouTubeにアップされていました。

ですが、営利目的かどうか解らないものでも、あれほど動画がアップされる事態になっては星野源さんサイドにも響くものが大きかったようで、動画から音源が消えるといった事もありました。

ビジネスなので致し方ない事です。

自分も端っこの端っこの方で音楽をやっている人間なので思うことですが、星野源さんは自分の曲で盛り上がっていることは、きっと嬉しかったんじゃないかな?と思っています。

だけど、色々な状況でそうするなかったんだろうなとも同時に思い、若干やりきれない気持ちにはなりました。

今回の内容のように、可能な限り誰も損しない方法を考えて伝えていけたらなと思っています。


アコースティックギター HONEY BEE W-15/F-15 16点 初心者セット【予約カラーは4月中旬入荷】【アコギ 入門セット W15 F15 初心者】【大型】

タイトルとURLをコピーしました