匍匐前進という進み方

こんにちは常葉です(*’ω’*)

フラダンスのイラスト「家族でフラダンス」

常葉はスパリゾートハワイアンズが大好きです。非日常を味わえる場所であり、コンセプトも好きです。

最初に行った時は何の気なしに行ったのですが、そこで十分楽しんだあとしばらくして映画「フラガール」を見ました。

後悔しましたね笑

というのも最初に行った時にフラガールのショーを見ずに過ごしてしまった後悔が爆発してしまいました笑

次こそはと思い何度か足を運びました。可愛いですよフラガールの方達♪

きっかけは「311」でした。就職が決まった時期で、それまでの休みを過ごしている時に起こったあの天災は一生忘れる事はないでしょう。

予定していた大学の卒業式も中止になりました。複雑な気持ちで仕事開始を迎えたのを覚えています。

自分程度の被災ですら結構なダメージを負ったのに、その天災はもっと多くの甚大な被害をもたらします。

皆さんがご存知の通り、福島の辺りは大きな被災を受ける事になります。

当然、福島県のいわき市にあるハワイアンズにも大きな影響があります。

ただでさえ大きな被災を受けたというのに、人間とは残酷なもので、福島原発事故による風評被害で福島は2次災害を受ける事になります。

そんな中、もう一度立ち上がるために、フラガールの方達は巡業を始めます。映画「フラガール」の中で描かれた、常磐ハワイアンセンター創立の時に行っていたことを今一度開始し始めたとのニュースが聞こえてきました。

人間は残酷だ、だけど強いなと感じました。自分ならいつまで立ち上がれないほどのダメージだと想像できる中で、その行動は多くの勇気をもらいました。

立場逆のような気もしますよね笑

ハワイアンズが復活したらもう一度フラガールを見に行こう、僅かでもいいからお金を落としに遊びに行こう。

当時、就職したばかりで、疲弊に次ぐ疲弊の日々でしたが、それを一つの目標として生活していました。

結局ハワイアンズに行けたのはそれからしばらくしてでした。念願だったフラガールのショーを再び見ることが出来ました。

楽しい物を見ているのに涙をこらえるというのは不思議な感情だったし、この空気を壊しちゃいけないと思い無理くり笑っていたのを覚えています。

本当に僅かばかりのお金を落とすだけの事しか出来なかったですが、そのお金でそれ以上のエネルギーを多く貰って帰る事が出来ました。

常葉に出来る事なんて、下手くそなギターで下手くそな歌を歌う以外はなかったので、その感情を曲にしようと思いました。

だけど、人の気持ちを代弁しようとか、自分以外の曲を作るなんておこがましい、純粋に得たエネルギーをそのまま歌詞に起こす感じ

それで出来た曲が「匍匐前進」です。

震災から8年が経過した今でも、その風評被害が完全になくなったとは言えないかもしれません。

心の傷が完全に消える、なんて事もまだまだ先、ひょっとしたら一生かかる事なのかもしれません。

それでも、僅かずつ、少しずつ、前に進んでいくエネルギーを、僕らは持っているのだと信じています。

常葉勇助 オリジナル曲 「匍匐前進」
タイトルとURLをコピーしました