作詞に困った時の抜け出る為のコツ

こんにちは常葉です(*’ω’*)

音楽に興味ない方でも「作詞」をしたことがある人っているんじゃないですか?

昔ですが、主は「歌詞書いたんで曲付けてみて下さい」とか言われたりしました。

主の知り合いに、最近歌手としてメジャーデビューした方がいるんですが、この方がしょっちゅう「歌詞が書けない」って苦悩しているんですよね笑

これ凄い解るんですよ、というかメジャーアーティストでも難しいんですよね、歌詞を書くのって。

楽器や歌は、練習したり習ったり続ければ上手くなるんですが、歌詞を書く事には慣れがないんですよ。

ですが長年歌詞を書いてきた経験から「歌詞の書き方」や「歌詞が書けなくなった時」の対処法を書いていこうと思います。

因みに、この記事は「売れる為の歌詞」とか「響く歌詞」を書きたいという方に向けた記事ではなく、あくまで作詞に困った時に「こんな方法ありますよ」的な記事です。

「売れる為の歌詞」があるなら自分も知りたいです笑

グーペ

歌詞とは

はい笑 おさらいの為に書いていきます。

歌詞とは、歌に乗せるための、曲に乗せるための詞です。決まった定型文があるわけでも正解があるわけでもないです。だから難しいんですね。

この作詞って、本当に誰でも出来るんですよ。才能とかもあるでしょうが、やってみたもん勝ちな物なので。

ちょっと本格的に書いてみようかなとなったらこういう問題が出てきたりします

詞先か曲先か

要は歌詞を先に書いてそこに曲を付けていくのか、先に曲が出来ててそこに歌詞を当てはめていくのかって事なんですが、自分で作詞作曲するsingersongwriterやクリエイターの方は自分なりの方法を持っている方が多いです。

「月光」や「眩暈」で有名な鬼束ちひろさんは「絶対に詞先!」と昔言ってました、今は解りません笑

曲先の方が多くなったりするんですが、本当に別にどっちでもいいんです。

因みに主はどちらもあります、一部分同時に出来てそこから膨らませるっていうのも多いです。

曲先はヒントがある

曲が先にあって歌詞を書く場合は重要なヒントが既にありますよね、そう曲です。

そのメロディから感じ取るイメージはおぼろげにでも歌詞のイメージに繋がっていくと思います。

これは先に一つテーマがある状態に近いんですが、その曲を聴いて感じるものを「言葉」にしておくと後々楽になるかもしれません。

「この曲春っぽいな」「色で言うなら青かな」とか、自分の感覚と照らし合わせていく感じですね。

ここで一つ。例えば、温泉やスパなんかで流れるリラックスしやすい曲に歌詞をつける時に、そのイメージにそぐわない言葉

例えば少し攻撃的な言葉で「倒す」や「怒る」といった言葉を避けがちですが

別に使ってもいいんですよ?

それが作詞者の感じたモノならいいんです。伝わるか伝わらないかはまた別問題ですが笑

最初に鬼束ちひろさんの名前を出しましたが、鬼束さんはデビュー当時は綺麗なピアノの旋律と似つかわしくない独特な言葉と世界観が魅力の一つでした。

歌詞に、こうであるべき、なんていうのはないんです。

詞先は全てがヒントになる

歌詞を先に書く場合、曲先のようにヒントがありません。

逆に言うとなんでもいいんです、その歌詞が核になります。

見たモノ、感じたモノ、好きな人、嫌いな人

何をテーマにしても、テーマはなくてもかけたりします。

歌詞は、自分以上のものってなかなか出てきません。今自分にある気持ちや興味がヒントをくれる事がよくあります。

例えば、主の実体験で「あの人に謝りたいけど謝れない」みたいな出来事をそのまま歌詞にした事もありました。

一種の手紙を書こうと思って書いた感じですね。

「ごめんよ、君は好きだけど思っていたよりずっと僕は冷たい人間だったみたいだ」みたいな一文でした、20歳位に作ったやつなのでもう歌ってないですが笑

「花火が見たいな~」と思っていて「花火」という曲を作ったこともあります。

結構ヒントはどこにでもあるんですよね。

歌詞が書けなくなった時

書き始めたばかりだったり、豊富にネタが自分の中にある時は悩むことがないんですが、これが空になった時が大問題です笑

どこにでも、いくらでもあるはずの歌詞のネタが尽きる時があるんです。というよりは豊富にある時の方が少ないです笑

湯水の如く歌詞が出てくる人は多分この記事には辿り着いていないと思いますが、そういう人もいるみたいですが笑

全く持ってその通りです笑

歌詞が書けなくなったときはどうしたらいいのでしょう?

忘れて寝る

寝なくてもいいんですが笑

一旦忘れるというのは結構大事な時もあります。

といっても、頭から完全に消す事は難しいです、人によっては締め切りとか期限がある方もいると思います。

ただ、どんだけノートやワードに向かってても出てこない時は本当に出てこないです。一度忘れて他の事をしていた方が意外になんか思いついたりする時もあります。

人と会う

友達でも、家族でも、恋人でも、他人でもいいです。

誰かと会って会話するだけでいいんです、歌詞が書けないって話しでもいいですし、下ネタでも、近況でもなんでもいいです。

歌詞のヒントなんてどこにあるのか解らないです。ぽろっと出た自分の言葉かもしれないし、話し相手の愚痴や暴言なんかに潜んでいる時もあります。

主はクラスで女性が恋愛観みたいな話をでかい声でしているのを聞いて一曲歌詞が出来たことがあります笑

いや~声がでかいのもたまには役に立ちますね・・・たまにはね笑

遊ぶ

遊んでなんかいられるかーーーーい!

と、思う方はそれでいいと思います、出来なくても机に向かい続ける事は大事です。

しかしこれは歌詞が書けないとか関係なく、音楽をしていくにはとても重要な事だと思います。

誰かとでも、一人でも、外でも家でもどこでもいい

たまには飲みにでもいくか、綺麗な景色が見たい、あの人はなにしているんだろう?美味しいものが食べたいな、服が欲しい

家でゲームでもやろう、あの漫画見たかったんだよな、料理をしてみるか、散歩もいいな

なんでもいいと思います。

無駄をすることというと少し極端な言い方のような気がしますが、インプットされないものをアウトプットは出来ません。

同じ夕暮れでも精神状態によっては見え方が違います、同じ漫画でも見る人によって感じ方は違います。

引き出しをいっぱい作るのは、歌詞のネタにしてもそうですが言葉の選び方にも影響してきます。

「このラーメンは美味しい」というのと「この醤油ラーメンは麺にコシがあってスープは昔ながらの中華風で美味しい」というのでは伝わり方も変わってきます。

辛いも楽しいも、山ほど経験するのは歌詞の材料になっていきます。

酔っぱらう

これはもう全くお勧めはしないんですが、主がよくやっていた手法です笑

酔っぱらうと、普段隠していたい感情も出てくるので、そのままの勢いでワードにその感情を打ち込んでおくんです。

そして翌朝そのワードを見て全裸見られたみたいな気分になります笑

これを、シラフの時に歌詞に直していくんですが、結構このパターンがはまっていた時期があります。

あくまで参考までに笑

歌詞を直す

昔の自分の歌詞とかがまだ手元にある方は宝物を持っているようなものですね♪

主はボツにした歌詞を含めたら一体どれだけの量になるのだろう・・・笑

もう何年も前にボツにした作品を見るのは、家族とラブシーン見るのと同じくらい恥ずかしいですが、歌詞が書けるなら試してみるのも一つです

今はどう書くのか?

もう何年も前に書いた歌詞がなぜボツになったのかの理由にもよりますが、何年か経ったのならばその時と色々変わってきているはずです。

今現在自分がどんな言葉を選ぶのか、同じテーマで全然違うエピソードが書けるんじゃないか?

今であれば、スマホの過去のメールやラインを見ていくのでもいいかもしれないです。

この時はこんなこと言ったのか、今だったら違う事言えそうだな

・・・とか、歌詞になってきそうな気がしてきませんか?笑

自分を知る

再三書きましたが、歌詞は自分以上のものは出てこないです。

ならば自分は自分をどこまで理解しているのだろう?

ボツにした歌詞の中にもそういう情報はてんこ盛りになっているはずなんです。

上記もあったんですが、自分のパターンを知るっていうのも新しい歌詞のきっかけになるんですよね。

「この時はこんな風に書いていたのか、もう一度やってみよう」「この時のまま今もやっているな、少し変えてみよう」

とか、やり方そのものを変えてみるというのも一つあると思います

楽器を弾く

普段ギターやピアノを弾いている方は違う楽器を、楽器が弾けない方は触れてみるだけでもいいかもしれません。

音の鳴りから何かのインスピレーションを得る事もあります。

曲を作るには和音を出せるギターやピアノの方が良いですが、歌詞を生み出すのがなんでもいいです。

歌詞は書けなくても曲が作れたのならチャンスです

適当に歌ってみる

「ららら~♪」や「ララライラ~♪」みたいに、言葉ではなく音で曲を歌ってみるのもありです。

ジャズで言えばスキャットという技法です→スキャット

これを「ナナナ~♪」や「ラララ~♪」だけでなく、本当にスキャットみたいに「はにゃらふにほへち~」みたいにメロディに合う音を直感で選んで探していきます。

その母音の音を手掛かりに言葉を当てはめていくという作詞法もあります。

あくまで個人的な感想ですが、直感で出てくる音というのは言葉にしてもしっくりくるのが多い気がします。

もの凄く余談ですが、このスキャット、あのタモリさんが凄い上手かったりします笑

新しい技術に挑戦してみる

難しい事をしてみましょうと言いう事ではなく、今まで自分がやってなかったことをちょっとやってみる感じです。

例えばアコースティックギターを弾いていて、これまでになくカッティングなどを多用してみようとすると、自分の中で今までなかった言葉なんかがポッと出てきたりします。

曲先の所でも書きましたが、メロディは大事なヒントです。

新しい技術を鍵として、新しい言葉の扉が開かれるかもしれません。

まとめ

主が音楽を始めてから今まで、多くの方が言っていた言葉です「歌詞は難しい」

そうです、歌詞って誰でも書けるが故に難しいんです。

何故なら、歌詞というものは決して答えがありません。

そしてこの難しいというのが伝わりづらいものも歌詞なんです。「書くだけじゃん」

とかいう人いるんですよ本当に笑

結局、考えすぎちゃダメなんですよ、でも考えなさすぎもダメなんですよね笑

ボツになってもとにかく書いてみる、書き続けてみる。

そのうちの一曲でも、誰かの人生を救えるかもしれない、それってすごい事だと主は日々思っています(^^)

タイトルとURLをコピーしました