アコースティックギター弾き語り・初心者でも弾きやすい曲9選

こんにちは常葉です(*’ω’*)

長く同じことをやっていると忘れがちになりますが、誰にでも新人・初心者だった時代はあったりするもので。

それを思い出すのって誰かにそれを教えたりする時だったりするんですよね。

最初から色々出来るって、一見羨ましいですけど、試行錯誤して身に付けたことはなかなか忘れないんで、物覚えが悪いのも見方によっちゃ十分な長所です(^^)

今回は結構色んな所で聞かれるんですが「弾き語り始める時はまず何を弾けばいい?」

としたものです。

ネコ助

FやBが難しくて練習が先に進まない・・・

勇助

FやBって難しいよね、鳴る気がしない笑

でも難しいばかりじゃ嫌になっちゃうもんね

「好きな曲!」って言いたいのは山々なんですが、その好きな曲が神がかって難しい曲だったりするときもあるし、最初の頃は自分も手当たり次第弾けそうな曲弾いていたんでよく解るんですよね(^^♪

なので今回は、これからギターで弾き語りを始めてみようかなという方に「まずはこれなんかどう?」といった感じで話をしていきます。

まず用意するもの

まず必要なのはギターですね、初めて買ったもの、貰ったもの、家にあったやつ、なんでもいいです。

キーなどは個人差があるのでとりあえず原曲のキーで、かつ、カポがあるという条件で書いていきますね。

カポがなくても弾き語りやれる方は相当に上手い方ですが、始めたばかりの方に向けて書くのでカポは用意した方が良いと思います。

こういうやつですね。フレットをセーハしてキーを変えていく代物で、アコースティックギターを弾いている人を見ると大半の方が使っている物です。

結構色んなタイプがあるんですが、上のようなタイプのやつがばねを利用して挟むタイプなんですが使い勝手が良いです。

こっちは挟んだ後ネジで固定して、よりしっかりカポとしての役割を果たすやつなんですが、準備に結構時間が取られちゃうんで、弾き語りのライブとかには向かないかもですね。

じゃあどういう時に使うかと言われたら、レコーディングの時など、チューニングをシビアにしたい時などは主はこれを使ったりしています。

なんでこのカポを使うかといえば、例えばキーがD♭の曲を弾き語ろうとします。なんのことやら解らないかもしれませんが、弾いているうちになんとなくでも解ってくると思います。

それで、このD♭のキーをギターでコード弾きしようとすると、全部Fみたいなコードで弾かなきゃいけなくなってしまう、とかって事になるんですね笑

アコースティックギターで、それも歌いながらそれを弾いていくのはなかなかに鬼畜なので、カポは必須なものです。

余談ですが、ギタリストの人でたまにカポを使って弾き語りをしている人を小ばかにする方がいます。

ない方が音としては良い場合もあったり、技術的にカポに頼っていると上達しないからという理由があります。

そういった言葉もまんざらではないので「いや、俺はカポは使わない!」っていう信念でやるのであれば主は応援します、凄いです。

主はカポで遊んだりするのが好きなので手放せません笑

それから、とりあえず最初はピックを使ってみましょう



こういうのですね。これはジャカジャカ弾くときに使うやつで、音にキレが出たりします。

慣れてくると必須というものでもないんですが、特に最初の方は音が鳴りにくいとかも多いと思うので(特にFとか)ピックを使うとまだ出やすいかなと思います。

最後にチューナー、もしくはクリップチューナーです


これがクリップチューナーですね

これがチューナーです。

何に使うかと言えば名の通りチューニングに使います。チューニングとは音を合わせることをいいます。

クリップチューナーなんかはギターに挟んでおくだけで音拾ってくれるので便利ですね。

これも種類は豊富にありますが、安いので十分です。音を合わせる事が出来れば十分なので。

ちなみにカポなしで、6弦からE・A・D・G・B・Eの音に合わせるのがスタンダードです。

次第にああした機能もあった方が良いかな?見てくれも拘りたい、とかになってくると思うのでそうしたら拘り始めるのでも十分です。

他にも色々あるんですが、とりあえず練習という段階であればこれで十分です。

人前でやるようになったらシールドや、人によってはエフェクターなんかも必要になりますが、それも自分で何が必要かを決めていくのが良いです。

スタイルややりたいことの方向性が見えてきたら考えるので全く遅くはありません。音楽の機材は結構高いので、いっぺんに揃えようとすると破産しかねないですしね笑

弾きやすい曲を弾いてみよう

練習の方法も決まったものがあるわけではないのですが、今回はとにかく弾き語ってみたい、1曲弾いて感覚を掴みたい、といったギターを始めたばかり方に向けて曲をお勧めしています。

あいみょんの曲

え?あいみょんの曲?いきなりハードルが高そう笑

と思いきや、あいみょんが使っているコードは比較的弾きやすいコードが多いです。

近年シンガーソングライターとして人気のある彼女の曲ならば親しみやすいというのもありますね

こちらはバンドスコアですが、バンドスコアの良いところは色々な楽器の譜面が同時に見れることですね、結構そういう記憶もバカにならないです。

あいみょんの曲でもなにがいいの?

個人的にお勧めなのは「貴方解剖純恋歌~死ね~」です。

あいみょん「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」LINEで作ったリリックムービー

理由としては、原曲キーで基本G・Ç・D・Emの4つのコードで弾けるうえ、たまに出てくるBコードがいい練習になります♪

一番大きいのはリズムです。この曲の凄さはシンプルさというか、特に小難しい事をせずにジャカジャカ弾けるはずなので、最初に弾くにはもってこいだと思います。

勢いがありまくる曲なので、多少音が鳴ってなくても楽しくやれそうだというのも大きいです。

「弾けない」「鳴らない」っていうのが続くと辛くなっちゃって途中で嫌になっちゃったりするので、何事もそうですけど、楽しめるというのは上達の近道だと思います。

グーペ

19の曲

現在30代の方であればピンとくる方も多いと思います。

「あの紙ヒコーキくもり空わって」や「すべてへ」といった代表曲を持つ、98年~2002年の間メジャーで活動していたフォークデュオです。

19の曲は頻繁にFとかのバレーコードは出てくるんですが、比較的同じコード進行を好む傾向にあるので、1曲弾けるようになると多くの曲が弾けるようになるというメリットがあります。

これは他のアーティストでも言える事なんですが、必ず好む進行などがあるのですが、19の場合はかなり顕著です。

そんな中でもお勧めなのが「すべてへ」です

すべてへ/19

ちなみにですけど、主がギターを弾き始めた時によく弾いていたのが19でした。家に楽譜があったので笑

人気ホテル&旅館が最大50%オフ

ゆずの曲

路上ライブから一気にトップに躍り出たことで有名、現在でも活動中ですね。

アコギ一本でライブすることも多い彼らの曲も練習しやすい曲があります。

お勧めなのは「さよならバス」

サヨナラバス

ブルースハープとかもやりたい人にはなおお勧めですね。

ゆずのお二人は凄く堅実なギターを弾くというか、簡単なコードでもやっぱり上手いんですよね。

この曲や「夏色」なんかはコードも難しくないですが、男性の場合原曲キーでやると若干高いものが多いです笑

比較的この「さよならバスは」歌いやすく弾きやすいのかなと思います。

洋楽でのお勧め

主が洋楽の譜面を見た時にはだいたい同じことを思うのですが「コードがシンプル」っていうのが多かったりします。

名曲の多くはそんなにひねったコード進行を使用していない事が多いんですよね。

そんな曲の一つがこれです

スタンド・バイ・ミー【訳詞付】- Ben E. King

Ben E,Kingの「Stand By Me」

知らなくとも聞き覚えのある方の方が多いのではないでしょうか?とても有名な曲ですね。

有名で、かつシンプル、この曲も基本Ç・D・G・Emの4コードしか使いません。

最初のうちは、このリズムを見様見真似でやってみるとそれっぽくなるかもです。

この「それっぽい」っていうのが音楽には結構大事なんですよね♪

辛い時に聞いて欲しい洋楽 Let it be-glee cast

Beatles「Let it be」

この動画はglee castのカヴァーですが、完全に主の好みの問題です笑

有名な曲ですね。

この曲も原曲はÇ・G・Am・Fの4コードでの構成です。

John Denver – Take Me Home, Country Roads (Official Audio)

John Denver「Take Me Home」

「耳をすませば」で有名な「カントリーロード」の原曲ですね。

コードは簡単ですがこの曲リズムがだいぶ難しいです笑

「耳をすませば」の方の「カントリーロード」をイメージして弾くといいかなと思ったんですが、こういうノリもいずれ弾けるといいかなという意味で載せています。

楽器買取【カイトリ屋】

慣れてきたら弾いてみたい曲

ぼちぼちギターを弾く事にも慣れてきて、もう少し難しいのをやろうかな?と思った時のお勧めです

あいみょん 「マリーゴールド」

あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

またあいみょんかよという突込みが聞こえてきそうですがまたあいみょんです笑

コード自体はマリーゴールドも比較的シンプルで、難しいのはBm7とかが出てくる位かな?使わなくても弾けるかもですが笑

何が難しいって、このテンポでこのストロークだと結構走りがちになるというか、だんだんスピードが速くなってしまいがちなんですよね。

だけどしっとりした曲なんで、あんまり速くなりすぎても味がなくなってしまう、といった意味で難しいです。

福山雅治 「桜坂」

福山雅治 魂リク 『 桜坂 』 (歌詞付) 2014.04.05

ちょうど弾き語っている動画がありました笑

どこが簡単なんだ?こんなふうに弾けたら苦労はしねえ・・・といったつっこみが聞こえてきそうですが、コードは比較的簡単です。add9といった、雰囲気を少し出すコードを使ったりして言うるのですが、押さえ方も簡単なのが多く覚えておくとお得です。

見よう見まねで福山さんみたいに弾くのもありですが、あくまでこの曲がお勧めです。ジャカジャカ弾いても結構それっぽくなります。

動画位弾き語れたらもう無敵です笑

Mr.Children – Everything (It's you)

Mr.children 「Everything((It’s you)」

サムネと曲が合ってないんですが、曲はこの曲です笑

桜坂もそうなんですが、コードは簡単ですが部分転調といった技術が使われているのでお勧めです。

E♭→Fといった難しめの進行がありますが、これ弾けたら大抵の曲は弾けるようになるくらいです。

主はその昔この曲ばっか弾いてた時期がありました笑

弾きやすい曲とは

何曲かお勧めしてきましたが、好きな曲をずっと弾いているうちに、その曲が弾きやすい曲になっていったりもします。

例えば、主は何百曲という楽譜が書いてある本を買って弾き散らかしてました。

↑こういうのです

そうして、自分の弾ける曲を増やしていったりしましたね

現在はネットで結構しっかりしたコード譜面とかも簡単に手に入りますもんね。

なんですが、結局好きな曲に勝るものはないとも思っています。

コードが簡単、リズムが簡単、そういう説明はいくらでも出来るんですが、結局「好き」という底知れないエネルギーには勝てないんですよね。

出来ない時にでも「あの人はこんだけ難しい事を簡単そうにやってたんだな」とか発見できて楽しんでいけたら、それだけでも収穫です。

どれだけ難しくても、好きな曲をやってみるというのが一番だと思います。

難しい(;^ω^) 迷った(;^ω^) ってなったらいつでもここに戻ってきてください♪

道中手助けできる力の種はばらまいておきます笑

まとめ

ほとんど↑でまとめちゃったのですが

コードが難しくなく、初心者にでも弾きやすい曲をこなして感覚を覚える

少し慣れたらステップアップ

だけど

結局好きな曲を弾くのがいい

みたいな感じになります笑

初心者の方に向けたこういうページは結構多いと思います。だけどそれ以上の数の答えがあるのを忘れないでください。

音楽とは自由なものです。そりゃあ「こうすれば上手くなる」っていうのは確かにあるんですよ。

実際、自分がここまで書いたのも、弾き語りの経験上「この道筋がいいかな?」と自分の中で確立してきたものです。

ですが、もしも好きなアーティストの方がいるならば、その人がどれだけ難しい事をしていようとチャレンジしてみる事もお勧めします。

そのアーティストは「1曲」という短い時間の中で、数多くの事を伝えてくれます。

「曲そのもの」「人生」「価値観」「技術」本当に色々です。

続ける為には「楽しくやる事」、楽しくやるためには「好きであること」

楽しくやる方法も、技術も色んな情報があります。でも「好きになる」ことだけは誰がどう頑張っても本人にしかトリガーを引けません。

「好きである」ということが一番の才能だと思います。

タイトルとURLをコピーしました